矯正治療の重要性

TOP >矯正治療の重要性

「矯正」は見た目をよくするだけの治療ではありません

[画像]「矯正」は見た目をよくするだけの治療ではありません

矯正治療というと、「歯並びの見た目をよくするもの」だと思われている方が少なくありませんが、目的はそれだけではありません。
装置によって歯並びや噛み合わせを整えることでさまざまな問題を解消し、お口や全身の健康を手に入れることができます。

こちらでは、そんな矯正治療の重要性についてご紹介します。
大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」では、矯正治療に関する無料相談を行っています。
小児矯正について正しく理解していただくため、治療の流れやメリット・デメリット、治療費などの情報をしっかりお伝えしますので、お子さまの将来のためにもぜひご活用ください。

最近の子は歯並びが悪い?

[画像]最近の子は歯並びが悪い?

パンやハンバーグといったやわらかい食べ物が増えるなど、食生活・食文化が大きく変わった現在、噛むことが減ったために子供の顎が正しく成長しなくなっているという傾向が顕著になっています。
1本の歯の大きさや歯が生える本数は変わらないのに、その歯が並ぶ土台(顎)が小さくなってしまうことで、歯並びが悪くなってしまうのです。
顎が小さいと歯が正しく並ばず、がちゃがちゃと重なり合ってしまったり、生えてこない歯ができてしまったりします。

将来の正しい歯並びのための小児矯正

[画像]将来の正しい歯並びのための小児矯正

小さい顎は、「顔立ちがシャープになる」という点からよいことのように思われがちですが、歯並びを乱す原因となり、将来的にさまざまな健康トラブルを招くおそれがあります。
お子さまの健やかな成長のためには、矯正治療で顎を広げ、正しい歯並びに導いてあげることがとても大切なのです。

歯並びが悪いことの問題点
問題点1 食べカスがたまりやすく、ブラッシングもしにくいため、異常な力が歯に加わり虫歯や歯周病になるリスクが高まります。虫歯や歯周病を繰り返すと、将来的に歯を失ってしまうことにつながります。
問題点2 食べ物をしっかり噛み砕くことができず、胃腸に負担をかけてしまいます。また、効率的に栄養を摂取できなくなるので、健やかな成長を妨げることもあります。
問題点3 歯並びの乱れによって舌が正しい位置におさまらなくなると、発音に支障が出る場合があります。
問題点4 噛む力が顎に正しく伝わらないために顎が正しく発育せず、顔つきにも影響が出てしまうことが考えられます。変な噛み方の癖がついてしまうと、お顔のバランスがゆがんでしまうことも。
問題点5 左右均等に噛めていないと顎や肩にかかる負担も偏ってしまい、それが肩こりや頭痛、めまい、手足のしびれ、姿勢の悪さなどにつながってしまうことがあります。
問題点6 見た目の悪さがコンプレックスになり、人前で笑えなくなったり、内気になって他人とコミュニケーションを取りにくくなったりしてしまうケースがあります。

このように、歯並びの乱れはお口以外の部分にもさまざまな影響を与えてしまいます。
矯正治療は、お子さまがコンプレックスを抱えることなく健やかに成長できるかどうかといったポイントにも関わる、重要な治療なのです。

「I期治療」と「II期治療」の違い

子供の矯正治療(小児矯正)は、大きく「I期治療」と「II期治療」にわけて行います。
その違いは次のとおりです。

  I期治療 II期治療
時期 乳歯と永久歯のどちらもがある「混合歯列期」に行う矯正治療 すべて永久歯に生え替わってから行う矯正治療
目的 正しい顎の成長を促すこと 永久歯をきれいに並べること
治療法 床矯正、リンガルアーチなど ブラケット矯正、インビザラインなど
院長からのメッセージ

院長

歯並びの乱れによる問題点のひとつに、「発音」があります。
たとえば、開咬の場合にはパ行(パ・ピ・プ・ペ・ポ)が、受け口の場合にはラ行(ラ・リ・ル・レ・ロ)の発音が難しくなります。
見た目も気になるうえ、発音も正しくできないとなれば、お子さまは他人と会話にストレスを感じて避けてしまうようになるかもしれません。
歯並びの乱れは、子供の性格や社会性にも影響を与えてしまうことがあるんです。
当院では、お子さまが正しい歯並びを手に入れて元気に成長できるよう、一人ひとりに合った治療をご提案します。
お子さまの将来の可能性を広げるためにも、矯正治療を前向きに検討してみませんか?

ページトップ