普段の何気ない癖にも要注意

TOP >普段の何気ない癖にも要注意

お子さまに、こんな癖ありませんか?

[画像]お子さまに、こんな癖ありませんか?

子供によくありがちな「指しゃぶり」や「ポカン口(口をポカンと開けている状態)」などといった癖が、歯並びに悪影響を与えているということをご存知でしょうか?
実は、歯並びの乱れはお子さまの全身の健やかな成長を妨げる原因になることもあるのです。

こちらでは、小児矯正を得意とする大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」が、歯並びに影響する悪い癖についてご紹介します。
日ごろの何気ない癖を続けていると、将来お子さまが歯並びの見た目の悪さや虫歯・歯周病などでつらい思いをしてしまうかもしれません。
そうならないように、お子さまの癖を一度見直してみましょう。

歯並びに影響する悪い癖

お子さまに次のような癖がある場合には、できるだけ早く正してあげるようにしましょう。

頬杖(ほおづえ) 唇を噛む 指しゃぶり
頬杖(ほおづえ) 唇を噛む 指しゃぶり
成長期に「常に顎に頭の重さがかかっている状態」が続くと、下顎の位置異常や、歯並びを乱してしまうことがあります。 いつも唇を噛んでいると、口の動きが不自然になりやすく、正しい顎の成長を妨げてしまうことがあります。 指しゃぶりは上下の前歯に負担をかけるので、開咬(奥歯を噛み合わせても上下の前歯が閉じない状態)や出っ歯になりやすくなります。
口呼吸(ポカン口) 舌癖(ぜつへき) 爪を噛む
口呼吸(ポカン口) 舌癖(ぜつへき) 爪を噛む
舌の位置が下がりがちになり、歯並びが乱れてしまうことがあります。またお口の中が乾燥するので、細菌が繁殖しやすくなります。 舌で前歯を押したり、舌を出したりする癖を「舌癖」と呼びます。舌癖は歯並びだけでなく、正しい発音を妨げる原因にもなります。 硬い物を常に噛んでいる状態なので、歯や歯ぐきに負担がかかり、歯並びを乱してしまうことがあります。
歯ぎしり 丸飲み 柔らかい物ばかり食べる
歯ぎしり 丸飲み 柔らかい物ばかり食べる
歯ぎしりを続けていると、上下の歯がすり減って噛み合わせが悪くなったり、出っ歯を招いたりしてしまうことがあります。 食べ物を丸飲みする癖がつくと、噛む力が顎に伝わらず、歯や顎の正しい成長を妨げる原因に。栄養吸収にも悪影響を与えます。 噛む回数が減るなどして顎に刺激が伝わらず、筋肉の発達が妨げられます。歯が正しく生えてこないケースなども出てきます。

「MFT」による癖の改善

当院では、上記のような癖を原因とする歯並びの乱れを改善するために、「MFT(口腔筋機能療法)」によるトレーニングを受けていただくことをおすすめしています。
「MFT」は「Myofunctional Therapy(筋機能療法)」のアルファベットを取った言葉で、お口周りの筋肉の強化・改善によって正常な歯並びに導くことを目的としたトレーニング法です。お口の周辺にあるさまざまな筋肉を鍛えるとともに、咀嚼(食べ物をよくかみ砕くこと)と嚥下(食べ物を飲み込むこと)の訓練を行い、舌やくちびるの位置を正しく安定させることで歯列に対する筋圧のバランスを整えます。

「MFT→本格矯正」で最善の結果を

「MFT」に取り組んでいただくことによって、より効果的な矯正治療が実現します。正しい歯並びに導くことで出っ歯や受け口、すきっ歯などの見た目が改善できるだけでなく、虫歯や歯周病などのトラブルを招きにくくすることも可能です。大田区大鳥居の歯医者「羽田エイル歯科・矯正歯科」では矯正治療に関する無料相談を行っていますので、お気軽にご相談ください。

ページトップ